簡単に作れる方法がある

親子で楽しく作ってみよう

基本的にどの七夕飾りも、折り紙があれば作れます。 子供と一緒に作る場合は、ハサミの扱いに気を付けてください。 注意して使わないと、子供が指を切ってしまいます。 まずは短冊や提灯など、七夕に欠かせない飾りに挑戦してください。 この機会に、子供が工作を好きになるかもしれません。

折り紙を用意する

まず、七夕飾りに欠かせないのは短冊です。
短冊に好きな願い事を書けるので、子供も楽しく作ってくれるでしょう。
折り紙を細長く切って、穴を開けて紐を通すだけで良いので簡単に作れます。
ハサミを小さな子供に使わせる時は、ケガをしないように注意しましょう。
子供向けの安全なハサミだと、ケガのリスクを抑えられます。
提灯も折り紙で作れるので、挑戦してください。
難しそうに見えますが、ハサミで切れ目を入れれば良いだけなので意外と簡単です。

七夕と言ったら、天の川も必要でしょう。
こちらも提灯と同じで、折り紙で切れ目を入れて形を整えるだけです。
より綺麗な天の川に見せたい場合は、ホログラム加工されている折り紙を使うのが良い方法です。
するとキラキラと輝いて、飾るとより天の川らしく見えます。
もっと飾りを作りたいと思ったら、吹き流しにも挑戦しましょう。
こちらはノリも使うので、用意を忘れないでください。

織姫と彦星も、折り紙で作ることができます。
着物を作る時は、和柄の折り紙を使いましょう。
和柄の折り紙は100円ショップで販売されています。
簡単に作れますし、材料費もそれほど高額ではないので七夕に向けて子供と一緒に作りましょう。
織姫も彦星も作り方は同じなので、織姫にはリボンを付けたりして変化を持たせると良いですね。
子供に織姫と彦星の顔を描かせることで、個性を発揮できます。
自分たちで作った飾りがあれば、七夕がもっと楽しくなります。

キラキラした折り紙が良い

最近は、ホログラム加工されている折り紙が登場しています。 それならキラキラしていて綺麗なので、子供も作るのが楽しくなるでしょう。 笹に飾るとより目立つので、そのような折り紙を購入してください。 天の川や吹き流しを作って、七夕の雰囲気を盛り上げましょう。

2人も折り紙で作れる

織姫と彦星は、作り方は全く同じです。 ですから同じ作業を2回繰り返して、両方を作ってください。 ただ全く同じでは変化が出ず、どちらが織姫で彦星なのかわからなくなります。 顔を書いたり、着物の柄を変更したりすると良いですね。 着物には、和柄の折り紙を使いましょう。