簡単に作れる方法がある

キラキラした折り紙が良い

七夕の時に見えるもの

天の川を、折り紙で再現することができます。
折り紙を取り出したら、半分に折ってください。
これは中央に折り目を付けるのが目的で、折り目に沿って左右をそれぞれ半分に折りましょう。
さらに中央の折り目に従い、折り紙を半分にたたんでください。

次は5ミリ間隔で、左右に線を引きます。
この時は端から端まで引くのではなく、片側は1センチほど残しましょう。
定規があれば、きちんと5ミリや1センチという数値を守れるので使ってください。
それから線に沿って、ハサミで切れ目を入れます。
最後に破れないよう、丁寧に折り紙を開いたら完成です。
強い力を入れるとすぐに破けて、もう1回作らなければいけないので面倒な手間が発生してしまいます。

複雑な工程が多い

吹き流しは、途中まで天の川と流れが同じです。
折り紙を半分に折って、中央の折り目に沿って左右を半分に折ってください。
次から異なる部分で、さらに左右をそれぞれ半分に折ります。
そのタイミングで1回開き、折り目に沿って蛇腹折りをしてください。
蛇腹折りのまま折り紙を重ね、折り返し部分まで切り込みを2本入れます。
次に折り紙を開いて、上の部分が十字になるように組み立ててください。
最後は端をノリで接着し、上に紐を付けたら完成です。

他の飾りに比べて少し複雑なので、子供だけではできないかもしれません。
子供が困っているようだったら、大人が手伝ってあげてください。
天の川や吹き流しは、キラキラした折り紙で作るとより綺麗に見えます。